記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3.07占星】2015年8月25日3.07パッチ公開に伴う占星術師の強化内容

公式より、パッチ3.07の実装内容が発表されました。

3.07パッチノート

パッチノートにおいて、最大の目玉は文頭にも記載されているとおり、占星術師の強化内容です。
実施以来、数々の苦悩に悩まされてきた占星術師ですが、このパッチの実装によって
大きな立場向上へとつながりそうです。

まずはじめに、占星術師に係る修正内容を以下に抜粋します。

307sensei.jpg

かなりの量となってますね(..)


<ベネフィク・ベネフィラ・ヘリオス>
→それぞれ白学のケアルフィジク、ケアルラ、メディカ相当へと引き上げられました。
さらに、ノクターナルセクトの場合、5パーセントの回復魔法強化がつきますので

ベネフィク 威力420
ベネフィラ 威力682.5
ヘリオス 威力315

と、若干ですが、白学を上回る回復力を獲得しました。
さらに、消費MPは白学よりも低いため、3職の中で最もMP効率がよくなっています。

<アスペクト・ベネフィク>
→ダイアーナルセクト時の継続回復力が100→140に引き上げられたことにより
着弾回復190+継続回復140×6=1030
と、同系統の魔法である白魔導士のリジェネに肉薄する数字へと強化されています。

また、ノクターナルセクト時の回復力は262.5と据え置きですが
バリア効果が130パーセントとなったため
262.5×130パーセント=凡そ341威力相当のバリアが張れるようになりました。
これにより、同系統の魔法である学者の鼓舞激励の策を平均的に上回るようになりました。

<アスペクト・ヘリオス>
→ダイアーナルセクト時の威力が140→200へと引き上げられたことにより、着弾時の威力は
白魔導士のメディカラに匹敵するようになりました。
その代わり、継続回復効果が50→40へと引き下げられましたので
着弾回復200+継続回復40×10=600
と、メディカラと比較して継続回復分が威力100低く、範囲も5m狭い状態となりました。

一方、ノクターナルセクト時の威力は140→150へと修正されたことにより
実質威力157.5と、同系統の魔法である学者の士気高揚の策を実質上回っています。

<シナストリー>
→リキャストが30秒短縮され90秒アビリティになったことにより
より発動の機会を得るようになりました。
さらに、20秒間自身の回復魔法の効果を20パーセント上昇させる効果が付与されたので
これまで占星術師に存在しなかった一定時間自身の回復力を上昇させるアビリティを獲得しました。
さらに、これまで3.0シナストリーにおいては、自身と対象へのヒールをした場合
その効果が発揮されませんでしたが、今回の修正により
誰に単体回復魔法を実行した場合においてもその効果が発揮されるようになりました。
よって、シナストリー対象者にヒールを集めるといった方法も可能となっています。

今回20パーセントの回復上昇効果がついたことにより、シナストリー対象者への回復量は50→40パーセント
と引き下げになっておりますが、回復魔法が120パーセントの力で発揮されることから
これまで通りの使い方であれば、単体回復魔法対象が他のパーティメンバーであれば、120+48パーセント
単体回復魔法対象がシナストリー対象者であれば、単体に168パーセントのヒールを実行できるようになるようです。
よって、ノクターナルセクト時にシナストリー対象者にベネフィラを詠唱した場合、回復力の期待値は
凡そ1146となります。・・・すさまじいですね。

<星天対抗>
→リキャストが短縮されたのみとなっています。
正直、シナストリー含め他の修正で十分に純粋強化されているので言うことはないのですが
60アビリティのわりには、あまり存在感のない星天対抗・・・。今後の強化はあるのでしょうか。

<ドンアク>
→これまでオートアタックを含めたすべての攻撃に対して
1回のみを10パーセント軽減するスキルでした。
今回、効果時間が10秒→6秒へと短縮されましたが
効果時間中の全ての攻撃を10パーセント軽減するようになりました。
原初の魂のようなイメージになるでしょうか。
侵攻4層のバハムートクロウや、真成4層のフラッテン→フレアブレス、アクモーンのような
容赦ない多段攻撃に対して、大きな軽減力を発揮するようになったと言えます。
ウイルスに比べれば効果時間は短いですが、非常に、使いやすい調整になったかと思います。

<運命の輪>
→これまでスタンスによって効果が変化していたところ
どちらのスタンスにおいても、HOTと軽減バリアが両立するようになりました。
これによって、行動不可というデメリットを負ったままですが、回復行動を同時に取れるようになりました。
また、輪の中のパーティメンバーに付与されたHOT効果は、即解除行動をとっても
輪の外に出た場合においても継続することになります。

例えばアレキサンダー零式1層の落着時のような場面では
10パーセント軽減を張りながらも、その後に150×5=750の、メディカラ以上の回復力を付与できますので
大ダメージを受けたが、その後即座にHPを戻す必要がないシーンにおいて
大きな効果を発揮するようになったと言えます。


<オシュオンの矢・アーゼマの均衡・世界樹の幹>
→これは個人的に意外だったのですが
レイド等においてPTDPSに直接的にかかわってくるであろうカードが
全て、効果時間が倍になりました。
これによって、ロードを効果的に組み合わせることにより
より強力なバフをパーティメンバーに付与できるようになりました。

範囲アーゼマの場合は15→35秒、延長アーゼマの場合は30秒→1分と
非常に長時間のバフを付与することができますので
バッファーとしての地位を確立したのではないかと思います。




今回の調整は、6月の3.0実装以来、占星術師を扱い続けてきたユーザーにとって、朗報となりそうです(..)


<おまけ>

回復力が大きく向上したことにより、これまでにくらべMP管理、タンクのHP管理が
大幅に楽になったことが、容易に実感できる修正でした。
これにより、これまでの占星の回復力への不安は一掃されたのではないかと感じます。
また、白・学者のコピーではなく、占星らしい動き方をとれるようになっているので
相方が白・学者いずれにおいても、それぞれの強みが発揮される
望ましい状況になりつつあると感じます。

白魔導士
→ヒーラーとして全体的にわかりやすいスキル、使用感。
必中ではないが、ストンガやエアロガなどの強力な攻撃スキル持ち。
ヒーラーロールとして、非常にオーソドックスにパーティに貢献できるジョブ。

学者
→妖精・エーテルフローを活用することにより、白よりひと手間ふた手間増えるものの
場面によっては白レベルのヒールをたたき出すことが可能。
さらに、巴術派生の必中DOT2種、シャドウフレア、ミアズマ、ミアズラ、気炎法を駆使し
単体、範囲どちらもおいても安定的にDPSを供給することが可能。
素のままでは、白魔導士にも劣るが、プレイヤースキルによって白以上の存在感を出すことが可能。

占星術師
→HOTスタンス、バリアスタンスを駆使し、相方が誰になっても行動を最適化することができる。
操作感は白以上学者未満。必中DOT2つの存在から、簡単に基礎DPSを向上させることが可能。
独特のカードシステムに関しては、ヒールワークの中、即座にロード、シャッフル、キープの判断が
求められるため、慣れが必要。ランダムではあるが、パーティDPSへの貢献を実感できるジョブ。




白魔導士―学者
→PIE・MNDボーナス両立。白魔導士の圧倒的ピュアヒールでパーティ全体をケアすることで
学者のクルセ時間を維持し学者のDPSを向上させる。
また、要所要所において、学者の軽減バリア、大きな単体リカバリーを
駆使し、コンテンツ全体の進行を安定させることができる。特に隙がない。2.0期における主要構成。

白魔導士―占星術師
→PIE・MNDボーナス両立。基本的には白魔導士の圧倒的ピュアヒールでパーティ全体をケア。
占星術師の単体DPSはあまり高くないが、必中DOTを軸に安定的にダメージを与えられる。
また、学者に比べクルセ時間を短くし、ヒールに貢献することが可能であるため
白魔導士のクルセ時間を増やし、ヒラ双方の基礎DPSを底上げすることが可能になる。
さらに、ランダムではあるものの、PTDPSをカードで強化できる。
学者に比べ、命中問題も併せ、邂逅4層、アレキ2層のような対複数戦においては
圧倒的に劣るのが弱みか。

学者―占星術師
→MNDボーナスなし。基礎MNDが凡そ1000である現状、MND30の存在をどう見るか。
MNDが30以上減るということは、フィジカルボーナス分まるまる喪失し、クルセの火力にも影響が出るレベル。
基本的には、占星術師がパーティを維持しながら、学者がクルセを入れDPSに貢献する形。
ただし、白魔導士に比べてPT維持力には若干劣るため、学者のDPS期待値は白相方時よりダウンか。
その代わり、占星術師の軽減支援+学者の軽減によって瞬間的に大きな軽減を生み出すことが可能。
また、基礎DPSの高い学者、必中DOTカードで貢献できる占星が組み合わさることで
理論上では最高のDPSが出せることが可能となるか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。